BLOG

🕊バードフラジオレット🐤

先日、リコーダーの修理をしてもらいに、リコーダー製作家・石館知子さんの工房へ行って来ました。 そこで、とても可愛らしい楽器を借りてきました♪ その名は、バードフラジオレット🐥 今回、借りた楽器の大きさは、リコーダーペンと同じくらいのとても小さな楽器です。 フラジオレットは、音の出る機構は、リコーダーと同じフィプル式で、17〜19世紀頃まで、手軽に楽しめる管楽器としてヨーロッパで人気があったそうです。 イギリスでは、ピューリタン革命後の王政復古の立役者の1人である17世紀のイギリスの政治家サミュエル・ピープス(1633ー1703)が、好んで演奏していた様子を彼の日記「ピープス卿の日記」の中でも触れています。 パブで: 様々な歌を歌って楽しんだ。フラジオレットも演奏し、次々と沢山の曲を歌って9時までそこにいた。(1659年1月16日) 公園で: セント・ジェイムズ公園まで行き、フラジオレットを吹く。陽光がとても気持ちの良い朝であった。(1659年2月2日) 仕事場で:午後は執務室で書き物、そしてフラジオレットを吹いて過ごした。(1660年5月1日) ヘンリー・パーセルもこの楽器のための作品を残していたり、 ヘンデルは、この楽器をオペラの中でも使っています。 《Lascia ch'io pianga(過酷な運命に涙を流し)》が入っているオペラ<リナルド>の中の第1幕第2場で、リナルドの恋人アルミレーナのアリア《Augelletti che cantate(歌を歌っている小鳥たち)》は、まさに小鳥と戯れ、会話をしているようなアリアですが、その時にこのバードフラジオレットが使われたそう

Featured Posts
Archive
Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

細岡ゆき Official Website

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

© 2017-2019 Yuki Hosooka. All rights reserved