BLOG

立会川・来福寺コンサート

今月は、珍しい場所でのコンサートへ出演させて頂いています。 6/10(土)品川からほど近い、京急立会川にある歴史的なお寺、来福寺で、ヒストリカルハープ・矢野薫さんとデュエットコンサートをさせて頂きました♪ 来福寺でのコンサートは、7回目だそうです。 来福寺は、990年に創建され、源頼朝の重臣梶原景時の子景季が植えた梶原松、延命桜などのある名所として江戸時代には知られていたそうです。 そんな、由緒あるお寺の祭壇は、豪華で、立派! 金の天蓋や、飾り、他にも色鮮やかな装飾品が、並べられ圧巻の祭殿に、リコーダー、ヒストリカル・ハープが、溶け込んで、絵になります。 お経がよく聞こえるように設計されているので、古楽器でも、自然で無理なく演奏できました。 リハーサルの様子。 ダウランド 今こそ別れ演奏中。 今回は、クラシックのみならず、比較的わかりやすい内容でとのリクエストもあり、中世〜日本の作品を取り上げて演奏させて頂きました。 お客様の反応も暖かく、日本の曲メドレーでは、全員参加の”ふるさと”を演奏した時には、涙を流された方もいたそうで、そのお話を伺い、こちらまで心が熱くなりました。 リコーダー紹介コーナー。 バスで、ラヴェル 亡き王女のパヴァーヌを演奏中 終演後は、ご来場のお客様と共に、茶話会に出席させて頂きました。 お客様の中には、室町時代から続く老舗和菓子屋、史上初めておまんじゅうを作った・塩瀬総本家の34代目社長もいらしていて、塩瀬定番のお饅頭とお寺からのお茶が振る舞われ、そちらを頂きながら、ゆっくりお客様とお話もでき、豊かな時間となりました。 室町時代から続く、老舗和菓子屋・塩

La Voce Orfica 第30回定期公演

6/7(水)に、La Voce Orfica 第30回定期公演へ出演させて頂きました。 今回は、初期バロックイタリアの巨匠クラウディオ・モンテヴェルディ(1567~1643)生誕450年記念を記念した、宗教曲メインのプログラムでした。 記念年として、全国で様々なモンテヴェルディ関係コンサートが行われていますが、記念すべきVoce第30回目の定期演奏会では、その当時空前のヒット作、彼のマドリガーレ集・第4巻、5巻に収められている作品のコントラファクタ(宗教的内容への替え歌)を中心にお届けしました。 会場は、東京カトリックの司教区、東京聖マリアカテドラル教会。 昭和の日本を代表する世界的建築家・丹下建三氏設計の残響約7秒を有し、収容人数800人はある、荘厳な教会です。 Voceは、いつもここでコンサートを行いまます。 何度来ても、神聖で、凛とした厳かな空気に、心が落ち着き洗われ、ここで演奏させて頂ける事は、とてもテンションが上がります。 会場内には、 立派なパイプオルガン、 美しいピエタ像などを有し、さすが司教区といった立派な教会です。 器楽には、コルネット(濱田芳通先生、細川大介さん)、リコーダー(濱田芳通先生、細岡ゆき)、バロック・ヴァイオリン(天野寿喜さん、堀内由紀さん)、トリプル・ハープ(西山まりえ先生)、ヴィオラ・ダ・ガンバ(石川かおり先生)、オルガン(矢野薫さん)が入り、 器楽曲として、カステロのソナタ16番を華やかに演奏させて頂きました。 そして、今回、主役のLa Voce Orfica♪ このコンサートへ向け、 La Voce Orficaの練習に参加しながらつくづ

いよいよ明日、リコーダーで奏でるゴルドベルク変装曲全曲コンサート♪

明日、6/15(木)に、初台・東京オペラシティー近江楽堂で行われる、リコーダーアンサンブル・ステラ14thコンサートでは、J.S.バッハ、鍵盤作品の不朽の名作の1つゴルドベルク変奏曲を全曲演奏いたします。 本来1人の鍵盤奏者が演奏するものを4人のリコーダー奏者で振り分けながら演奏するので、音の受け渡しや、フレーズの流れなど複雑で難しい場面もありますが、チェンバロでは消えてしまう音が残ったり、和声の変化が息にのせて歌われることにより、違った魅力をお感じになっていただけるのではないかと思います。 加えて、リコーダーのための現代作品も取り上げます。 こちらも、なかなか演奏会で聴くことのない作品かと思いますので、この機会にお聴き頂けましたら 嬉しいです。 今回は、メンバーである浅井愛、渡辺清美、細岡ゆきに加え、実力のある若手リコーダー奏者、大塚照道くんを賛助へお迎えして4人でお届けします。 私たちの間では、大塚くんは、若手実力派俳優の柳楽優弥さんの似ていると話題になっています♪ もし、ご興味ございましたら、こちらのサイトでもご予約承りますのでご一報下さい。

初めての投稿♪

ブログ初投稿は、 明日6/6(火)朝5:00〜 昨年11月に、東京カテドラル聖マリア大聖堂行われた アントネッロ公演 モンセラートの朱い本 が、NHKBSプレミアム・クラシック倶楽部にて再放送されるご案内です⭐️ この公演は、大変ご好評いただき、コンサート終演時には、満員のお客様のスタンディングオベーションというプレゼントが付いた、大変思い出深い公演です。 早朝ではありますが、ご高覧いただけましたら、嬉しいです♪ また、明後日6/7(水)は、同アントネッロ、ラ・ヴォーチェ・オルフィカによる ラ・ヴォーチェ・オルフィカ第30回定期公演 生誕450記念 クラウディオ・モンテヴェルディの肖像 〜聖なる悦楽と狂気のはざまで〜 が、 東京カテドラル聖マリア大聖堂 19:00〜 行われます。 今回の演奏作品は、モンテヴェルディの大変人気をはくした、マドリガーレ集・第4巻、5巻から、 あまりにも高い人気のため、彼の生前のうちにコントラファクタ(宗教的内容に替え歌)された作品を中心にお届けいたします。 マドリガーレとして聴くことがあっても、コントラファクタで聴くことは殆どないレアな作品だと思いますので、足をお運び頂けましたら、幸いです。 チケットは、このサイトでも受け付けております。 *アンダーラインは、リンクが貼ってあります

細岡ゆきオフィシャルサイトOPEN!

このたび、リコーダー奏者&歌手 細岡ゆきのオフィシャルサイトがオープンしました。 コンサートのスケジュール、レッスンの情報などをUPしていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします!!

Featured Posts
Archive
Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

細岡ゆき Official Website

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

© 2017-2019 Yuki Hosooka. All rights reserved