recorder player

& singer


YUKI

​HOSOOKA

yukihosooka.jpg
Meet Yuki Hosooka

 

細岡ゆき(リコーダー、声楽/アルト)
札幌出身。小学校で出会ったリコーダーがきっかけとなり、その魅力に取り憑かれる。小学校・中学校時代は、アンサンブルを中心に演奏し、特にバス・リコーダーには並々ならぬ関心をもっていた。また、小学校6年の時に初めて見たコントラバス・リコーダーに感動し、コントラバスへの憧れを胸にリコーダー部のある北海道立札幌月寒高校へ進学。

高校卒業までに、全日本リコーダーコンテストのソロ、アンサンブル部門にて金賞3回、銀賞2回、また北海道新聞社賞を受賞。

ご挨拶

 

新型コロナウィルスが落ち着きつつあり、少しづつコンサート活動も戻り始めました✨

このホームページへご訪問頂きありがとうございます🍀

これからも感染予防を徹底しながら、コロナに負けずにできる音楽活動は行っていかなければならないと、邁進しております❣️

今後の音楽活動も応援いただけましたら嬉しいです🎶

ブログを更新しました♪ 

​更新日:12/21(Thu

 

アントニオ・カルダーラ生誕350年記念日コンサートが、Mercure des Arts 2021年度第7回年間企画賞 次点に選ばれました!

<今後のコンサート情報>

12/11(土)さむしんぐのクリスマス

12/27(月) アントニオ・カルダーラ生誕350年記念コンサート

​~知られざる名曲を求めて〜 オペラ《オリンピーアデ》と器楽作品~in Sapporo

神奈川県平塚市文化部よりご依頼を受け、人生初、Youtube動画を作成しました✨

構成、制作、撮影、編集を行いました。

Lessons

現在、細岡ゆきが指導を行っているグループや講座をご紹介します。以下のクラス以外にも、個人レッスンや単発のグループレッスンも行っております。お気軽にお問い合わせください
 

New  オンラインレッスン始めました

アントニオ・カルダーラ生誕350周年記念

知られざる名曲を求めて

〜歌劇《オリンピーアデ》と器楽作品〜

2021年12月27日(月)
時間:昼の部14:30(13:45開場)

   夜の部19:00(18:15開場)
場所:札幌 ふきのとうホール

出演:

ソプラノ 阿部早希子 

カウンター・テナー 村松稔之

ヴァイオリン 池田梨枝子、廣海史帆 

ヴィオラ 中島由布良 

チェロ 島根朋史

テオルボ、ギター 佐藤亜希子 

チェンバロ 矢野薫

リコーダー中島恵美  

プログラム解説 佐々木なおみ 

リコーダー、企画、監修 細岡ゆき

助成:AFF,札幌市文化芸術再開支援事業

アントニオ・カルダーラ(1670~1736)は、マントヴァ、ローマ、ウィーンの宮廷で活躍したバロック後期の作曲家で、昨年2020年に生誕350年を迎えました。

この公演は、6/16に東京ハクジュホールで行った公演を札幌へ引っ越し公演させて頂きます。

この作曲家の優れた作品を北海道の皆さまへもぜひお聴きいただきたく、行わせていただきます。

ストゥディオ・フォンテガーラ主催

笛の楽園全曲演奏会 vol.8

2021年9月18日(土)2回公演   

時間:1回目

            13:00開演 12:45開場

          2回目

             15:00開演 14:45開場

                

場所:東池袋 

          ストゥディオ・フォンテガーラ

出演:浅井愛、細岡ゆき、

             宮里安矢、吉澤徹

新時代への輝き、バロックの目覚め

​〜心踊る心踊るオスティナートの調べにのせて

2021年2月27日(土)
時間:14:30(14:00開場)

場所:旧横浜ゴム製造所記念館

​     八幡山の洋館

2021年3月27日(土

時間:14:30(14:00開場)

場所:東戸塚 Sala MASAKA

17世紀に人気のでた様々なオスティナートバス(定型バス)の作品を取り上げ、また、当時の​スタイルに即した編曲を施して、楽曲に新たな息吹を吹き込み生き生きとエネルギーのある時代の作品をお届けします♪

さむしんぐ土曜コンサート

さむしんぐ​のクリスマス

 

2021年12月11日(土)

満員御礼!

リコーダー、歌 細岡ゆき

アイリッシュ・ハープ 田中麻里


場所:雑司ヶ谷 カフェ さむしんぐ

 

毎年恒例のクリスマスシーズンのカフェライブです♪

古楽とアイリッシュの作品をお届けします。

今回は、生誕800年の中世スペインのアルフォンソ10世と没後450年のルネサンスの大作曲家ジョスカン・デ・プレを取り上げ、アイリッシュでは、クリスマス作品を中心にお届けいたします!

 

フラウト・フラウト・カンタービレ

リコーダーセミナー

〜​テレプシコーレを楽しもう♪〜

2021年9月4日(土)

講師:細岡ゆき

セミナー助手:福岡恵

​楽師:なかやまはるみ

時間:10:30〜18:00


場所:二子玉川 オーキッドホール

2021年に、生誕450年、没後400年のダブルアニヴァーサリーを迎えるドイツ初期バロック、最大の作曲家ミヒャエル・プレトリウスの300曲を超える舞曲集「テレプシコーレ」の序文を読み、ダンス画像などを見ながら、数曲取り上げ、1日リコーダーアンサンブルを楽しみながら、ルネサンスダンスについて理解を深めて行きます♪

音楽による礼拝

​テレマンの教会カンタータと器楽作品

2021年10月19日(火)横浜公演

場所:横浜市イギリス館

時間:19:00開演 18:30開場
満員御礼!

2021年10月20日(水)東京公演

場所:西早稲田 スコットホール 

時間:19:00開演 18:15開場

出演:

メゾソプラノ曽禰愛子

リコーダー細岡ゆき

フラウト・トラヴェルソ、リコーダー

国枝俊太郎

チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ 島根朋史

チェンバロ 寺村朋子

リコーダーとトラヴェルソを伴ったテレマンの教会カンタータをメインとして、器楽作品も取り上げます。

《音楽と礼拝》は、18世紀に出版された教会カンタータ集です。18世紀は、商業的に、年に1度ほどしか演奏されない教会カンタータ集が出版されることは珍しいことでしたが、テレマンは、この曲集を教会内のみで演奏されるものではなく、当時の慣習として家庭内音楽礼拝を行う一般人も想定して出版した結果、大変好評を得たため、続編も出版しました。音楽的にも、音楽を複雑にする過度な技巧的対位法は使わず、言葉の意味やアフェクト(情念)を表現するのにふさわしい方法で作曲されていることから、耳馴染みやすい作風となっています。

今回は、この教会カンタータとともに、世俗作品として器楽作品を散りばめます。

一夜でテレマンの聖と俗をお楽しみ下さい。

 

 

アントニオ・カルダーラ生誕350周年記念

知られざる名曲を求めて

〜歌劇《オリンピーアデ》と器楽作品〜

2021年6月16日(水)
時間:19:00  (18:00開場)
場所:Hakuyu Hall

   (ハクジュホール)

アントニオ・カルダーラ(1670~1736)は、マントヴァ、ローマ、ウィーンの宮廷で活躍したバロック後期の作曲家で、昨年2020年に生誕350年を迎えました。

この公演は、誕生記念年である昨年11月に行う予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で延期を致しました。あらためて、この作曲家の優れた作品を皆さまにぜひお聴きいただきたく、この公演を行わせていただきます。

ヘッディング 1

CDリスト